必ずしも新築住宅が高いと断言できない

多くの人々は、新築住宅はやや高めというイメージを描いています。
確かに中古住宅の販売価格と比べれば、数字は高めになっているでしょう。
それだけに費用節約を考える方々としては、新築は断念して中古住宅を考えるケースも多いです。

しかし、実は一概に新築は高いとは断言できない一面があります。
なぜなら集合住宅などは、やや例外的な事例も見られるからです。
確かに販売価格「だけ」に着目をすれば、新築の方が高めに見えるでしょう。
ところが住宅に生じる費用は、何も販売価格だけではありません。
様々な諸費用が生じる事になるのです。ちなみにそれは一戸建てでも集合住宅でも、必ず生じる事になります。

それで集合タイプの場合は、諸費用が安くなるケースも多々ある訳です。
少なくとも中古住宅の費用と比べれば、新築の方が様々な費用が安くなる傾向があります。
したがって新築の方が、かえって中古よりも費用を抑えられるケースも多い訳です。
できるだけ費用を抑えたいと望むならば、ちょっと集合タイプに着目するのも一法と言えます。