高校受験と親の関わり方

投稿者:

子どもが高校に行くようになって、学校選びの奥深さを感じています。
小学校中学校と公立だったので、勉強とは無縁の環境でしたが、やはり高校受験のころになるとそうも言っていられなくなり、皆自分なりに志望校を定めて一生懸命勉強していました。
面白いなと思ったのは、高校選びと家族の関わりです。
やはり中学生のうちは自分一人では決められないので、親も一緒になって決めるのですが、かなり前のめりに親の意見を子どもに押し付ける家や、子どもの自主性を重んじる家、全く無関心の家など、家族の数だけスタイルがあると感じました。
又、高校は入れるところで、という考えや、何が何でも進学校、といったようにその親の熱意によっても子どもの学習に対する熱意や態度、進学先なども変わってしまうのがわかりました。
高校受験を通して学んだことは、中学生の時はあまり過保護にならない程度に、まだまだ見守りが必要で、親はよき理解者や相談相手になることが必要だと感じました。