猫に壁でツメとぎをしないような工夫

投稿者:

猫を飼っていると、ダンボールで作ってあるツメとぎだけではなく壁などでツメを研いでしまわれます。
マンションで暮らしているときには引っ越す際敷金礼金から出金するだけで自分たちの懐は痛まなかったのですが、一軒家を作る、購入するなどになると、なるべくであればツメを研いでほしくない折角の一軒家は綺麗な状態を保ちたいと思うのが人間です。
私たち夫婦もいくら猫好きとはいえ、自分たちの家は綺麗であってほしいという欲望の方が大きいですので、猫の背が届きそうな壁には猫がツメを研げないようにツルツルとした材を使って加工をしたのです。
しかし猫は私たち人間の思いも寄らない部分があり、テーブルに乗りその上から壁でツメを研いだり、テレビの上から研いだりするのです。
人間からすると、そんなところまで上ってツメ研ぎたいか、と思ってしまいます。
いっそ壁を全部ツルツルとした材に変えるのも一種の方法かもしれませんが、それだと人間が過ごしづらいですし、人間の生活よりも猫の生活を優先する一軒家になってしまいました。
今では壁が廃墟のようにボロボロです。