お母さんだって嫌なことはイヤ!

投稿者:

私には育て始めて1歳4ヶ月のたった息子がいます。男子は元気です。

性格にもよると思いますが、歩き始めてからというもの、毎日、ひたすらずっーと家中を歩き回って止まることはありません。

元気ではありますが、まだイヤイヤ期を迎えてないからか、性格か、ひっくり返って怒るとか泣き散らして止まらないということは少ない方だと思います。

そんな彼ですが、一時期やたらと噛みついてきました。

座椅子に座って足を出して入れば噛む!抱っこすれば鎖骨付近を噛む!まだ8ヶ月くらいだったでしょうか。

歯がかゆいからとはよく聞いていました。しかし歯が生えるのも早かった彼は6ヶ月には4本、その頃にはもう8本くらいでっかい立派な歯が生えていました。それはそれはかなりの激痛です。

かゆいからとかそういう問題ではないと思い、私は怒りまくっていました。ネットで調べて怒ることがいいのか心配になることもありましたが、お母さんだって人間です。痛いものは痛い、嫌なものは嫌なのです。と、言い聞かせある程度自分の感情に素直に怒っていました。

周りの同年代のお母さんには天使のような、怒っても仕方がないと噛まれてもニコニコしているお母さんもいました。

私はなんて自分が小さく、わがままなのかと悩むこともありました。でも、私の母が子供を子供として扱うのではなく、大人と同じように、同じ立場に立って接することも大切だと教えてくれました。

なので、どちらの関わりが正解なのかわかりませんが、子供の性格にもよるでしょう、私はダメなことはダメ、嫌なことは嫌だと伝えることにしています。

ほどなくして噛み癖はなくなりました。今でも眠くなると歯を立てることがあります。遠慮なく怒っています。

後で眠かったんだな、怒らなくてもよかったかな、と思うこともあります。でも嫌なんだよ、痛いんだよ、とわかってくれると信じ怒ります。その時だけで、長くは怒りません。

きっとそこまではわからないし混乱するだろうと思うので、彼にわかるように表情と声で伝えるようにしています。