バランスのある外国語教育

投稿者:

小さい頃から英語などの海外の言葉に触れることで後に聞く力がついてきます。小さい頃は音を聞き分ける能力に長けているために早いうちから英語に触れることがとても重要ですが、英語だけでなく今後の世界を見据えて中国語やドイツ語、スペイン語など他の言葉をも聞き取れて欲しいと思うのであれば、赤ちゃんの内に慣れさせることが重要です。早いうちから英語に触れることで日本語にはないLとRの音を聞き分けることができます。母国語である日本語の発達に影響を与えない範囲での教育として1日30分~2時間くらいがいいと言われています。メディアに頼ることに抵抗ある方は英語の絵本を読み聞かせるのも有効と言われています。2歳~3歳にでは外国語教育に歌やダンスで体を動かすことで習得するのが効果的と言われています。この頃には体の動きもしっかりしてきて、外国語を聞くだけでなく一緒に歌ったり、リズムに合わせてダンスしたりします。日本語がつたない時期ですが、英語を勉強するよりかは英語に触れるのはとても楽しいと環境を作る時期でもあります。